じあるじあしょう ジアルジア症 [猫]

概要

ジアルジアという小さな寄生虫が腸に寄生することによって、特に子猫に下痢や血便などの消化器症状を引き起こす病気です。

基礎知識

子猫に多い病気で、人にうつることはまれですが、感染対策は必要です。

原因

ジアルジアという寄生虫の感染が原因です。
ジアルジアは感染した猫の便から排泄され、その後も環境中で長く生き残る力を持っていて、猫がジアルジアを口から摂取することで感染します。

症状

軽度の下痢や粘液の混ざった血便などが主な症状で、重症化することは少ないです。症状がでるのは子猫が多く、成猫は無症状であることがほとんどです。ほかの病原体も同時に感染していると症状が長引くことがあります。

検査・診断

便の中のジアルジアを顕微鏡で確認することで診断します。便からジアルジアの抗原を検出するキットでの検査も行われています。一度の検査ではジアルジアが確認できないこともあるため、くり返し検査が必要になることがあります。

治療

ジアルジア症の治療は以下のとおりです。

内科治療
〇駆虫薬

〇抗生剤
ジアルジアの駆除に使用されますが、完全には駆除しきれないこともあります。

〇下痢止め

〇点滴
下痢に伴う脱水を改善したり体の状態を安定させます。

経過は良好であることが多いですが、くり返し症状がでることもあります。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院や検査が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

・ネコちゃんのストレスを軽減するために、アクセスの良い場所にキャットフレンドリーな病院があるか探してみるのもよいでしょう。

予防

感染した動物の便を適切に処理することで、感染が広がるのを防ぐことができます。ジアルジアを完全に処理するには、熱湯や高温スチームでの消毒が必要となります。

タグ

部位

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/