にゅうせんえん 乳腺炎 [猫]

概要

乳腺は乳汁を分泌する器官です。乳腺炎は、主に細菌感染などにより乳腺が炎症を起こす病気です。

基礎知識

乳腺炎は、産後数日から数週間の間の授乳期間にみられることが多いです。

原因

主に授乳中に、乳汁が分泌される乳頭口(にゅうとうこう)から乳腺に細菌が入り込むことで起こります。

症状

乳腺炎の症状は、炎症が起きている部分の熱感や腫れ、黄色っぽい乳汁の分泌などです。重度になると、発熱、痛み、食欲の低下がみられたり、炎症が広がることで皮膚の壊死が起こることもあります。

検査・診断

乳腺に針を刺すことにより乳汁を採取し、成分を調べたり菌を検出することで診断します。乳腺腫瘍でも似たような症状がみられることがあるので、慎重に調べる必要があります。

治療

乳腺炎の治療は以下のとおりです。

内科治療
〇抗生剤
細菌感染が関与している場合に投与します。

処置
〇冷却や消毒
炎症が重度の場合に行います。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

予防

乳腺炎は細菌感染が原因になることが多いため、特に子猫の授乳後には乳頭に傷がないか確認すると良いでしょう。

タグ

部位

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/