ときそぷらずましょう トキソプラズマ症 [猫]

概要

トキソプラズマという小さな寄生虫が猫の小腸に感染・増殖して、下痢などを引き起こす病気です。人にもうつる病気で、猫が感染源となることがあります。

基礎知識

トキソプラズマは人を含む多くの動物に感染しますが、感染力のある状態のトキソプラズマを排出するのは猫だけです。

人では妊婦が妊娠期間中に初めてトキソプラズマに感染すると、胎児が病気を持って産まれたり、死産や流産の原因となることが問題となります。

原因

トキソプラズマという寄生虫の感染が原因です。感染した猫の便に排泄されるオーシストと呼ばれる状態のトキソプラズマを、口から摂取することで感染します。

子猫は母猫のお腹の中にいるときに、胎盤を通して感染することもあります。

加熱不十分な豚肉などにもトキソプラズマが含まれることがあり、生肉を食べることで感染したり、トキソプラズマを保有したゴキブリやハエ、ネズミなどを捕食することで感染する場合もあります。

症状

主な症状は下痢ですが、無症状のままのことが多いです。

子猫や免疫力が低下した猫が感染した場合には元気や食欲がなくなったり、貧血、嘔吐、発熱、けいれん、呼吸困難などの症状がでることもあります。

トキソプラズマが目に寄生した場合には網膜剥離などが起こったり、妊娠した猫が感染した場合には死産することもあります。

検査・診断

便の中のオーシストと呼ばれる状態のトキソプラズマを、顕微鏡で確認することで診断します。感染していても便にオーシストが確認できない場合もあるので、血液検査で抗体を調べることで確定診断を行います。

治療

トキソプラズマ症の治療は以下のとおりです。

内科治療
〇抗生剤
トキソプラズマの駆除に使用されますが、完全には駆除しきれないこともあります。

〇下痢止め

〇点滴
下痢に伴う脱水を改善したり体の状態を安定させます。

経過は良好であることが多いです。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院や検査が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

・ネコちゃんのストレスを軽減するために、アクセスの良い場所にキャットフレンドリーな病院があるか探してみるのもよいでしょう。

予防

予防策として、感染した猫の便を適切に処理することが大切です。便が排泄されてから感染力を持つまでに時間がかかるので、24時間以内には便を片付けるようにして、猫や人への感染が広がらないようにします。

猫に生肉を与えないこと、ネズミなどを捕食させないようにすることも感染予防として重要です。

タグ

部位

関連する病気

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/