せんざいせいそう(いんこう) 潜在精巣(陰睾) [犬]

概要

生まれたばかりの子犬の精巣はお腹の中にありますが、多くの場合、生後2か月頃までに陰嚢(いんのう)内に移動します。潜在精巣は、片側もしくは両側の精巣が陰嚢内の正しい位置におさまらない病気です。

基礎知識

陰睾(いんこう)、停留睾丸(ていりゅうこうがん)、停留精巣(ていりゅうせいそう)などと呼ばれることもあります。

原因

潜在精巣の原因として、遺伝が関与していると考えられています。

症状

症状は特にあらわれませんが、潜在精巣はお腹の中や陰茎(いんけい)付近の皮膚の下にとどまっており、正常な精巣よりも小さくなっていることが多いです。
さらに、陰嚢内の正常な位置にある精巣よりも高い体温にさらされるため、生殖能力に影響をきたしている場合もあります。また、加齢と共に腫瘍化するリスクが高くなります。

検査・診断

潜在精巣の診断は、陰嚢の発育が完了する生後6か月以降に行います。陰嚢を触り、精巣が正常な位置に存在するかどうかを調べます。精巣の位置をより正確に知るために、エコー検査を実施することもあります。

治療

潜在精巣の治療は以下のとおりです。

外科治療
〇去勢手術
お腹の中にある精巣を手術で摘出します。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

予防

現時点では予防法はありませんが、潜在精巣には遺伝が関与していると考えられているため、繁殖の際にはこの病気の有無を確認することが望ましいでしょう。

タグ

部位

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/