こうないえん 口内炎 [犬]

概要

口の中の粘膜に炎症が起きて、赤みや腫れ、潰瘍などを引き起こす病気です。

基礎知識

犬では歯に付いた歯垢や歯石が粘膜に接触し、炎症が起こることが多いです。

原因

口内炎の原因は様々です。歯周病で歯垢や歯石に接する部分の粘膜に炎症が起こる場合や、腎不全、糖尿病、感染症などの病気で体の免疫力が落ちることが原因となる場合もあります。

また、硬いものをかんだり、事故や熱傷により口の粘膜が傷つくことでも、口内炎が引き起こされます。

症状

口を気にする、よだれが異常に出る、口臭が強くなる、口からの出血がある、口を触られるのを嫌がるといった症状がみられます。また、痛みにより食欲が低下する場合もあります。

検査・診断

一般的な症状や口の中の粘膜を観察することにより診断します。

治療

口内炎の治療は以下のとおりです。

内科治療
〇抗生剤
口の中の細菌増殖が関与していると考えられる場合に投与します。

〇炎症止め
炎症や痛みをおさえるために投与します。

外科治療
〇抜歯
歯周病が重度の場合、抜歯をすることにより口内炎が改善する場合があります。

処置
〇スケーリング
歯垢や歯石の除去を行うことがあります。

口内炎そのものの治療だけではなく、原因となっている病気がある場合はその治療が必要となります。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

予防

口内炎は歯垢や歯石が原因となることがあるため、日頃から歯磨きなどを行うと良いでしょう。また、歯垢の付着を防いだり歯垢除去効果のあるドライフードやおやつ、おもちゃを与えるのも効果があります。

タグ

部位

関連する病気

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/