じけっしゅ 耳血腫 [猫]

概要

表に出ているいわゆる耳の部分を、「耳介」といいます。耳介は皮膚と軟骨で形成されており、軟骨の周りにはたくさんの血管があります。耳血腫は、何らかの原因によってその血管が破れ、耳介の中に血液などの液体が溜まる病気です。

基礎知識

犬に比べて猫での発生は少ないですが、外に出る猫ではケンカによる外傷が耳血腫の原因になることもあります。

原因

耳血腫の原因は、頭を強く振ったり、耳を掻くことによる耳介への刺激だと考えられているので、アトピーやアレルギー、外耳炎などにより耳にかゆみを持っている猫に起こることが多いです。

症状

血液などの液体が溜まることにより、通常は耳介の内側が腫れますが、重症の場合には耳全体が腫れることもあります。熱感や痛みから耳を気にして掻いたり、頭を振ったり、どこかに擦りつけるといった症状もみられます。

検査・診断

耳介の腫れを確認することにより診断します。

治療

耳血腫の治療は以下のとおりです。

処置
液体がたまっている部分に針を刺して、中の液体を抜きます。すぐにまた液体がたまってしまうのを防ぐため、耳介を圧迫するように包帯などを巻きます。軽度であれば、この処置を何度かくり返すことで治癒する可能性があります。

内科治療
〇抗生剤
細菌感染が起きている場合に投与します。

外科治療
溜まっている液体を出すための管を設置したり、耳の外観が保てるような手術を行うことがあります。

自然に液体が吸収されて治ることもありますが、再発も多くみられます。また、耳血腫そのものの治療だけではなく、耳のかゆみの原因を取り除くことが必要となります。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

予防

耳血腫は耳を掻くことで発生することが多いため、耳にかゆみを引き起こす病気をきちんと治療することが耳血腫の予防につながります。

タグ

部位

関連する病気

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/