こくしじうむしょう コクシジウム症 [犬]

概要

コクシジウムという小さな寄生虫が腸に寄生することによって、特に子犬に下痢や血便などの消化器症状を引き起こす病気です。

基礎知識

犬に感染するコクシジウムには多くの種類があり、特にシストイソスポラ属という種類は下痢を起こすことが多く、問題となります。シストイソスポラ属は人にうつることはありません。

原因

コクシジウムという寄生虫の感染が原因です。感染した犬から便と共に排泄されたコクシジウムはまだ未成熟で感染力がありませんが、時間が経つと成熟して犬の口や鼻から感染します。

症状

子犬では水のような下痢や粘液の混じった血便が出ることが多く、そのほかにも食欲や元気がなくなる、体重が落ちる、軽い発熱、貧血などがみられます。成犬の場合は感染しても症状が軽いか無症状のこともあります。

検査・診断

便の中のオーシストと呼ばれる卵のような状態のコクシジウムを、顕微鏡で確認することで診断します。一度の検査ではオーシストが確認できないこともあるため、くり返し検査が必要になることがあります。

治療

コクシジウム症の治療は以下のとおりです。

内科治療
駆虫薬

下痢止め

点滴
下痢に伴う脱水を改善したり体の状態を安定させます。

経過は良好であることが多いですが、くり返し症状がでることもあります。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・複数回の通院や検査が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

予防

感染した動物の便を適切に処理することで、感染が広がるのを防ぐことができます。感染力を持つまでに時間がかかるタイプのコクシジウムの場合には、排泄された便をすばやく片付けることが特に有効です。コクシジウムを完全に処理するには、熱湯や高温スチームでの消毒が必要となります。

タグ

部位

関連する病気

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/