いぬでんせんせいかんえん(いぬあでのういるすいちがたかんせんしょう) 犬伝染性肝炎(犬アデノウイルス1型感染症) [犬]

概要

犬アデノウイルス1型の感染により、特徴的な肝炎を引き起こしたり急死する可能性のある病気です。

基礎知識

子犬の死亡率が高く、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症と共に予防が特に重要な感染症です。近年はワクチンの普及もあり、発生が少なくなってきています。人にうつることはありません。

原因

犬アデノウイルス1型の感染が原因です。
感染した犬の口や鼻からの分泌物、または便や尿などの排泄物を介して感染します。犬アデノウイルス1型は環境中でも感染力が失われにくく、室温で数か月と長い間感染力を保ちます。

症状

症状の重さは様々で、発熱や鼻水だけなどの場合もありますが、重症な場合にはぐったりとした状態となり、半日から1日以内に死亡することもあります。

ほかにも、嘔吐、下痢、腹痛などの症状がみられたり、角膜浮腫(かくまくふしゅ)により目が青みがかって見えることもあります。肝炎によりお腹がふくれたり、痛みから触られるのを嫌がる場合もあります。

検査・診断

身体検査、血液検査、ウイルス学的検査、レントゲン検査、エコー検査などを行い診断します。血液検査では肝臓の機能やリンパ球の数を調べます。ウイルス学的検査では排泄物や分泌物からウイルスの遺伝子を検出したり、血液中のウイルスに対する抗体を調べます。レントゲン検査やエコー検査では肝臓の大きさを確認します。

治療

犬伝染性肝炎の治療は以下のとおりです。

内科治療
ウイルスに対する有効な治療薬はないため、症状にあわせて対症療法を行います。

〇点滴
脱水を改善したり体の状態を安定させます。

〇肝臓の薬

〇吐き気止め
嘔吐による体力消耗や脱水を防ぎます。

〇胃薬
胃の粘膜の回復を早めます。

〇食事療法
肝臓への負担を減らすための特別療法食を与えることがあります。

急激に悪化が進んだり症状が重い場合には、数時間で死亡する例もあります。
また、治療の後に慢性肝炎となった場合には長期間の治療が必要となります。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・状態によっては入院や定期的な通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だとよいでしょう。

予防

ワクチン接種が有効な予防策です。ワクチンは定期的に追加接種する必要があります。

また、犬の生活環境を清潔に保ち衛生状態をよくすることや、ほかの犬との接触を避けることも、感染リスクを下げる方法の一つです。

タグ

部位

関連する病気

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/