いぬじすてんぱーういるすかんせんしょう 犬ジステンパーウイルス感染症 [犬]

概要

犬ジステンパーウイルスの感染により、呼吸器症状、消化器症状、中枢神経症状を引き起こす病気です。

基礎知識

子犬の死亡率が高く、犬伝染性肝炎、犬パルボウイルス感染症と共に予防が特に重要な感染症です。人にうつることはありません。

原因

犬ジステンパーウイルスの感染が原因です。
感染した動物の口や鼻からの分泌物、血液、排泄物(とくに尿)と接触することで感染します。感染した動物は3か月は感染源となるため、隔離が必要となります。

犬以外にも、フェレットなどのペットや野生動物も感染します。

症状

発熱、元気や食欲がなくなる、鼻水、くしゃみ、結膜炎、神経症状(痙攣発作など)がみられます。ほとんど症状のない場合から、非常に重い場合まで様々です。

検査・診断

身体検査、血液検査、ウイルス学的検査などを行います。ウイルス学的検査では、唾液や便、脳脊髄液などからウイルスの遺伝子を検出したり、血液中のウイルス抗原やウイルスに対する抗体を検出します。

治療

犬ジステンパー感染症の治療は以下のとおりです。

内科治療
ウイルスに対する有効な治療薬はないため、症状にあわせて対症療法を行います。

〇点滴
脱水を改善したり体の状態を安定させます。

〇抗痙攣薬
発作のある場合に使うことがあります。

〇抗生剤
細菌感染を同時に起こしているときに有効です。

症状が重い場合には経過は悪いことが多いです。神経症状だけの発症例などは、抗けいれん薬を使用しながら維持ができることもあります。

病院探しのポイント

・かかりつけの病院がある場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。

・状態によっては入院や定期的な通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だとよいでしょう。

予防

ワクチン接種が有効な予防策です。ワクチンは定期的に追加接種する必要があります。

また、犬の生活環境を清潔に保ち衛生状態をよくすることや、ほかの犬との接触を避けることも、感染リスクを下げる方法の一つです。

タグ

部位

関連する病気

監修

アイペット損保 獣医師チーム
アイペット損害保険株式会社

獣医学科卒業後、動物病院にて小動物臨床に従事。現在はアイペット損保に勤務。
全員が獣医師であり飼い主/ペット栄養管理士の資格取得

アイペット損保を通じて、飼い主さまがにワンちゃんネコちゃんと幸せに暮らすための情報をお伝えしていきたいと思っています。


アイペット損害保険株式会社

https://www.ipet-ins.com/