りんぱしゅ リンパ腫 [犬]

概要

白血球の仲間であるリンパ球という細胞が、様々な臓器で腫瘍化して増殖する、血液のがんの一つです。

基礎知識

中高齢の犬で多く認められ、腫瘍ができる場所によって以下のように名称が分けられています。

多中心
全身のリンパ節が腫れます。

縦隔
心臓の上にある縦隔という部分が腫大します。

胃腸管
消化管で認められます。

皮膚
皮膚に認められますが、比較的まれです。

そのほかの節外性
腎臓、肝臓、脳、目などが含まれます。

犬では多中心型が一番多いタイプです。

原因

血液中や、リンパ節中のリンパ球が腫瘍化することで起こります。

症状

症状は発生場所によって様々です。

多中心型リンパ腫
顎の下や脇(わき)の下、膝の裏のリンパ節が腫れて触れるようになります。

胃腸管リンパ腫
嘔吐や下痢、食べても痩せてしまう、黒い便が出るなどの症状があります。

縦隔型
胸の中に腫瘍ができるので、胸水が溜まったり、息が苦しくなったりすることもあります。

検査・診断

腫瘍に細い針を刺して、中の細胞を顕微鏡で見る細胞診という検査をします。細胞診だけでわからない場合や、正確に診断する場合には、手術や内視鏡などで腫瘍の一部分を採取し、病理検査に出して、確定診断をします。
また、全身の状態の把握や転移のチェックのために、血液検査、レントゲン検査、エコー検査などを行います。

治療

リンパ腫の治療は以下のとおりです。

内科治療
悪性度などにもよりますが、基本的には抗がん剤が治療の第一選択になります。

放射線治療
腫瘍のできた場所や悪性度によって、適応となることがあります。

外科手術
発生場所によっては手術で切除することもありますが、内科治療が必要となる場合が多いです。

経過は悪性度や発生場所によって大きく変わってきます。

病院探しのポイント

獣医師としっかり話し合い治療を進めていく必要があります。まずはかかりつけ医に相談しましょう。

予防

発症を予防することは困難です。早期に発見できるように犬の体をよく触り、しこりを見つけたら早めに獣医師に相談しましょう。

タグ

部位

関連する病気

監修

獣医師 吉田茉利子
花岡動物病院

日本大学生物資源科学部獣医学科卒業後、東京大学動物医療センター内科学診療科上級研修医課程を修了。現在は花岡動物病院勤務に従事。
日本獣医がん学会腫瘍科Ⅱ種認定医。

飼い主さんにも分かりやすい説明を心がけています。
ビーグル大好きです!
小さい頃の憧れは大型犬(もしくはやまいぬ)の背中に乗ることです!


花岡動物病院ホームページ

https://www.hanaoka-ah.jp/