あとぴーせいひふえん アトピー性皮膚炎 [犬]

概要

アトピー性皮膚炎とは、主にお腹や顔、手足、わきの下に、痒みを伴う皮膚炎が繰り返し起こる病気です。
およそ半数の犬では外耳炎も一緒に発症します。

基礎知識

一般的に、1歳未満の子犬での発症は少なく、1〜3歳で発症するケースが多いといわれています。

日本では、柴犬、ゴールデン・レトリーバー、パグ、フレンチ・ブルドッグなどの犬種に多く認められます。
また、食物アレルギーを同時に発症しているケースもあります。

原因

皮膚からカビや花粉などの原因物質が侵入し、アレルギー反応を引き起こすことにより、様々な炎症反応が起こると考えられています。
しかし、正確なメカニズムは未だに解明されていません。また根本的な原因として、遺伝的要因があるといわれています。

症状

皮膚に異常があらわれやすい場所としては、
・腹部
・顔面(特に目や口の周囲)
・指の間
・わきの下
・耳
などが、あげられます。

左右対称に症状が認められることが多いです。

発症初期には、強い痒みがあるにも関わらず、皮膚に明らかな炎症症状は認められないこともあります。痒みにより、自分でかきむしる事によって脱毛や外傷を起こし、次第に皮膚の症状が重症化する傾向にあります。慢性化することにより、皮膚が厚くなったり、黒ずみ、ベタつき、ニオイなどが感じられるようになります。

また、アトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が低下している事が多く、細菌などによる感染症も起こしやすいです。

検査・診断

主に発症年齢や症状から診断されます。診断にあたっては似たような症状を起こす皮膚病を除外しなければなりません。

・皮膚病を起こすとされる真菌(カビ)やダニの検査などを行います。
・食物アレルギーを除外するために、アレルギーを起こしにくいフードのみを一定期間食べる除去食試験と呼ばれる検査などを行います。
・アレルゲンに反応する抗体を調べる血液のアレルギー検査を行う場合もあります。

治療

アトピー性皮膚炎の治療は以下のとおりです。
基本的には原因物質が環境中のものであるため根治は難しく、痒みなどの症状を緩和しながら皮膚を正常に保つことを目的とした治療をします。

内科治療
〇シャンプー療法
皮膚の状態にあわせて、保湿性、抗菌性、角質溶解性など様々なシャンプーを使い分けます。

〇保湿剤の使用
皮膚のバリア機能を高めるために使用します。

〇内服薬
症状にあわせて、痒みや炎症を抑えるステロイド剤や抗ヒスタミン剤などを使用します。また、感染が認められる場合には抗生剤や抗真菌薬を使用します。

〇外用薬
皮膚の症状が広範囲でなく部分的な場合は、外用薬で抗生剤やステロイド剤などの使用を行うこともあります。

〇減感作療法
皮内試験や、血液のアレルギー検査の結果に基づいて、アレルギーの原因物質を定期的に注射する方法です。根治できる可能性のある治療法です。


病院探しのポイント

・獣医師としっかり話し合い治療を進めていく必要があります。まずはかかりつけ医に相談しましょう。

・長期の通院が必要となる場合があるため、アクセスの良い病院だと通う際の負担が少なく済むでしょう。

予防

遺伝的要因も関与しているため、完全に予防することは難しいです。食事やサプリメントで、皮膚のバリア機能の向上に役立つ成分を取り入れたり、住居の掃除をこまめに行い原因物質になりうる花粉やホコリ、ダニなどを除去することにより、痒みや症状の軽減が期待できます。

タグ

部位

関連する病気

監修

獣医師 西川身和

獣医学科卒業後、一般動物病院勤務、大学病院研修医勤務、動物福祉を学ぶ海外渡航などを経て、現在は動物の健康しつけ相談を行いながら、動物の健康や福祉に関する情報を発信しています。

愛猫4匹とまったり暮らしつつ、人間と動物のより良い関係づくりに日々奮闘しています。